ウーマンエキサイト「WEラブ赤ちゃん」プロジェクト賛同数が8日で1000超

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

赤ちゃんの泣き声を暖かく見守っている人たちを可視化しよう

 

ウーマンエキサイト「WEラブ赤ちゃん」プロジェクト賛同数が8日で1000超

 

~賛同メッセージのバブ数(いいね数)が5000超え!~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エキサイト株式会社は、“愛あるセレクトをしたい女性(ママ)のみかた”として
リニューアルした「ウーマンエキサイト」内に2016年10月10日(月)にオープン
した「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」にて、わずか5日間で賛同数が900人、
そして昨日深夜に1000人を突破したことをお知らせいたします

 

———————————————————————————-
■「WEラブ赤ちゃん」プロジェクトとは
http://woman.excite.co.jp/welovebaby/
———————————————————————————-
このプロジェクトはエッセイスト紫原明子さんの呼びかけをきかっけに発足しました。
公共の場で、意思表示もままならない1歳前後の小さな赤ちゃんが泣きやまずに
慌てるママの姿をよく目にします。人によっては不快に感じることもあるかもしれない
泣き声ですが、赤ちゃんが泣いてしまうのは予測できない自然なことではないでしょうか。

 

私たちにもそんな頃があったのだなと思い返し、「焦らなくても、大丈夫! その泣き声、
わたしは気にしませんよ」という思いを可視化することで、ママの気持ちが少しでも
楽になればと考えています。特設ページではワンクリックでこの思いに賛同できるだけ
でなく、プロジェクトへの応援や賛同コメントを募集したところ、400件の投稿がありました。
(2016年10月18日現在)

 

また、本サイトでは賛同数のカウントだけでなく、イラストレーターの栗生ゑゐこさんが
手がけた「WEラブ赤ちゃん -泣いてもいいよ!-」のステッカーもプレゼント中です。

 

<紫原明子さんのコメント>
赤ちゃんが泣いてしまう自然現象を、私の子供が赤ちゃんだったときは、
主張することができませんでした。子供たちが大きくなった今、赤ちゃんを
育てる当事者じゃないからこそ、できることがあるのではないかと思います。
赤ちゃんを社会で暖かく見守っていますよ、という空気を可視化するために、
今後もより多くの方にご賛同いただけると嬉しいです。

 

<栗生ゑゐこさんのコメント>
リリースしてからあっという間にたくさんの賛同数が集まっているようで嬉しいです。
暖かいコメントの数々が、小さい子供を育てる母としては本当に嬉しいですし、
ホッとします。素敵なプロジェクトに関わらせていただいて良かったと、改めて思いました。

 

<ウーマンエキサイト編集部から>
スタッフ一同、スタートから1週間でここまで多くの方にご賛同いただけるとは
予想もしておらず、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
投稿いただいたコメントの数々は、子育てに励むママたちの心が温かくなる言葉
ばかりです。日々子育てに追われる忙しいママたちがウーマンエキサイトに訪れることで、
ちょっとでも心穏やかに子育てできるエナジーチャージの場所になってくれたら嬉しいです。

 

———————————————————————————-
■投稿されたコメントの紹介
———————————————————————————-
・「赤ちゃんも、自分がなぜ泣いているのかわからない」って、最近知りました。
だから、多少は泣いても仕方ないのだとみんなが大らかになるといいですね・・。
(30代女性)

 

・赤ちゃんにとっては泣くこともコミュニケーション手段の一つ。誰しもかつて赤ちゃん
だった。僕もあなたも皆泣いてきた。泣いて大きくなってきた。がっつり育児してると
むしろ泣かない赤ちゃんの方が心配になる。どんどん泣きなさい。(40代男性)

 

・泣いていた赤ちゃんが、泣き止んで、まんまるのほっぺで笑顔を見せてくれたのが、
すごく嬉しかったのを覚えてます!(30代男性)

 

降車駅まで子どもをあやしてくれたおじいさんや髪の毛をさわらせてくれたお姉さん。
いろいろな方のおかげで、子連れで電車に乗るハードルが少しずつ下がっていきました。
私もほかのママたちのハードルを下げられるお手伝いをしよう。(30代女性)

 

・私も昔は子育てしたときに多くの人に助けてもらいました。
今度は自分の番だと思っています。(50代女性)

 

電車の中で赤ちゃんと目が合うと必ず変顔して笑わせようとしています。
赤ちゃんとお母さんもしくはお父さんが電車から降りていくとき手を振ってくれると
勝った!と思います。笑(20代女性)

 

・赤ちゃんだけでなく、お母さんにも優しい社会を創りたいですね。
男性にも出来る事はたくさんあるはず。小さな事からコツコツと。(30代男性)