エキサイト  「第3回ホワイト企業アワード」 ワークシェアリング部門を受賞

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
エキサイト  「第3回ホワイト企業アワード」
ワークシェアリング部門を受賞

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
エキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖)は、一般財団法人日本次世代企業普及機構(所在地;大阪府大阪市、東京港区、代表理事:五味田匡功、以下JWS)が次世代に残すべき企業を表彰する「第3回ホワイト企業アワード」の「ワークシェアリング部門」を受賞しましたので、お知らせいたします。
 

 
「ホワイト企業アワード」は、従業員の満足度だけでなく、従業員の満足度の高まりを顧客満足や競合有意性にまで結び付けられているかどうかを評価軸として、次世代に残すべき企業をホワイト企業として認定し表彰するアワードで、「理念共有」、「ワークシェアリング」、「テレワーク」、「育児支援」等の11の表彰部門が設けられております。
第3回となる今回の応募総数は877社。そのうち受賞企業はエキサイトを含めた27社でした。
 
3月14日(水)に明治記念館(東京都港区)で実施された「第3回ホワイト企業アワード表彰式」に参加してまいりました。
 
  
<授賞式の様子>
 
———————————————————————————————————————————–
 
第3回ホワイト企業アワード
ワークシェアリング部門・・・顧客満足・効率化を前提とした、仕事を分担・形式知化を評する
【受賞理由】
(以下、JWS公表資料より引用)
『受賞の総評としては「現場レベルから着実に実績を積み上げ、更なる改善のための3ヵ年計画を立案していること」です。具体的には、①長時間労働になりがちで、「そういう業界だから」で済ませがちな、IT業界において具体的な残業時間の短縮を図れている、②勤怠データを測定、従業員にフィードバックして現場レベルでの改善を図っている、③働き方に関する社員アンケート(すでに実施)や経営者インタビュー、社員インタビューやテレワークやペーパーレスに関する3ヵ年計画などの未来軸の取り組み高度に計画していること、が受賞理由になります。』(引用ここまで)
 
———————————————————————————————————————————–
 
エキサイトは、この度の受賞を一層の励みとし、今後も顧客満足・効率化を前提としたうえで、従業員のパフォーマンスを最大化するための働き方を追求してまいります。
 
■JWSについて (https://jws-japan.or.jp/
次世代に残すべき企業、残る企業の特徴として、「適正な利益・成長」「お客様からの信頼」「従業員満足度」の3要素のバランスが大事であることを、ホワイト企業(次世代企業)の概念として普及させることをミッションとして活動しています。
 
■エキサイトについて (https://www.excite.co.jp/
月間約5,300万人が訪れる総合ポータルメディアです。自社制作によるオリジナルニュース記事が好評を博している「エキサイトニュース」や 開設者数累計300万人を誇る 「エキサイトブログ」、婚活サイト「エキサイト婚活」をはじめ、多くのユーザーにご利用頂いているサービスを提供しています。