伊藤忠商事がライフスタイル研究所『MOTTAINAI Lab』を設立。「MOTTAINAI Lab Blog」を開設。

[Press Release]
2006年10月27日
報道関係各位
伊藤忠商事株式会社
エキサイト株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  伊藤忠商事がライフスタイル研究所『MOTTAINAI Lab』を設立。
  第1弾としてエキサイトと共同で「MOTTAINAI Lab Blog」を開設。
          「MOTTAINAI Lab Blog」
      URL:http://blog.excite.co.jp/mottainai-lab
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度、伊藤忠商事株式会社は、MOTTAINAI精神にのっとったライフ
スタイルを研究、発信していく研究所『MOTTAINAI Lab』を設立致します。
『MOTTAINAI Lab』プロジェクト第1弾として、エキサイト株式会社(本社
:東京都渋谷区、代表取締役社長:山村幸広、以下エキサイト)と共同で、
コラボレーションサイト「MOTTAINAI Lab Blog」(モッタイナイ・ラボ・
ブログ)を2006年11月1日(水)より正式オープン致します。
「MOTTAINAIキャンペーン」は、ノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、
ワンガリ・マータイさんが「もったいない」という日本語に深く共鳴し、
「環境保全のキーワードとして世界の共通語にしよう」と提唱したことか
ら始まった運動で、環境3R(リデュース:ゴミ減量、リユース:再使用、
リサイクル:再利用)を柱に資源の有効利用を呼び掛け、持続可能な社会
の実現と循環型社会の構築を目指すものです。
伊藤忠商事はこれまで、「MOTTAINAI」を世界初の循環社会型環境ブラン
ドとして環境配慮を基準とした商品化などを行ってきましたが、広く一般
からの参加を呼びかけるコミュニケーションチャンネルとして、
『MOTTAINAI Lab』を設立するに至りました。
今回、エキサイトは「MOTTAINAIキャンペーン」の主旨に賛同し、
インターネット総合メディアとして運動の拡大に貢献してまいります。
「MOTTAINAI Lab Blog」にはじまり、今後、伊藤忠商事と共同で
『MOTTAINAI Lab』でのコミュニティ、EC(物販)やプロジェクト
(日本伝統工芸とのコラボレーションによる商品開発など)毎の
コンテンツを展開していく予定です。
——————————————————————
○『MOTTAINAI Lab』の概要
——————————————————————
『MOTTAINAI Lab』は「MOTTAINAIから生まれるワクワク未来」という
コンセプトのもと、様々なジャンルの専門家(裏面の12名)が研究員とし
て参加し、MOTTAINAI精神にのっとったライフスタイルを研究、
発信していく新しいタイプのライフスタイル研究所です。
各研究員には、MOTTAINAIをアイデアの源と考えていただき、MOTTAINAI
から発想する何か新しいこと、MOTTAINAIから気づいたちょっとしたこと、
などを「MOTTAINAI Lab Blog」で発信していきます。既存の事柄が
MOTTAINAIの視点を通して全く違った表情を見せたり、「もったいない」
から生まれるデザイン、「もったいない」から生まれる商品、
「もったいない」から生まれる新しいサービス、小さなことから
大きなことまで次々に発明していきます。
——————————————————————
○『MOTTAINAI Lab』研究員(順不同/敬称略)
——————————————————————
1)箭内道彦(クリエイティブディレクター/風とロック代表)
2)野口健(アルピニスト) 
3)紀里谷和明(映画監督)
4)ヒロ杉山(アーティスト/エンライトメント代表)
5)寄藤文平(イラストレーター/文平銀座代表)
6)ハセベ・ケン(渋谷区議会議員/NPO団体green bird代表)
7)ペオ・エクベリ(環境コンサルタント/One World代表)
8)黒田昌郎(アニメ監督)
9)内田将司(フォトグラファー)
10)島本美由紀(料理研究家/To Dear代表取締役)
11)山田悦子(風呂敷アートディレクター/むす美)
12)永田哲也(和紙アーティスト) 
——————————————————————
○ エキサイト『MOTTAINAI Lab Blog』コンテンツ内容
——————————————————————
『MOTTAINAI Lab』は様々なジャンルのエキスパートである「研究員」
(上記12名)と、広くみんなが参加できる「研究生」(ユーザー)で
構成されています。『MOTTAINAI Lab』から生まれたアイデアの実現を
サポートするのは「研究所員」(スタッフ)です。
◆各界のクリエイター・著名人が『MOTTAINAI Lab』研究員として
 ブログをスタート!
 『MOTTAINAI Lab』ならではの人選で、ここでしか見ることの出来ない
 コンテンツを展開します。次々に魅力的なアーティストが参加予定!
 11月1日スタート時は上記12名の研究員を予定しております。
◆『MOTTAINAI Lab』研究所員(スタッフ)が活動状況をブログにて発信
 『MOTTAINAI Lab』の活動状況やプロジェクトの進捗状況等を
 『MOTTAINAI Lab』研究所員(スタッフ)がブログを通して
 情報発信していきます。
研究員、研究生(ユーザー)、研究所員(スタッフ)とのコミュニケーシ
ョンを図ることで、より消費者にとって魅力的な『MOTTAINAI Lab』発の
MOTTAINAIプロダクツやサービス、イベント等を形にしていきます。
——————————————————————
(参考資料)
——————————————————————
○ワンガリ・マータイ(ケニア環境副大臣、生物学博士)
 1940年生まれ。生物学者を志し、米国に留学。米ピッツバーグ大学で
 修士号を取得後、帰国。71年ナイロビ大学(ケニア)で東アフリカ出身
 の女性として初の博士号を取得した。77年に有志と「グリーンベルト
 運動」(非政府組織)を創設し、植林運動を開始。単なる自然保護運動
 ではなく、植林を通じて貧しい人々の社会参加の意識を高め、女性の
 地位向上を含むケニア社会の民主化に結び付けようとした。こうした
 姿勢は、モイ前大統領の独裁政権に弾圧の対象とされ、幾度も逮捕され
 た経験がある。現在ケニア全土に約1500カ所の苗床を持ち、参加者は
 女性を中心に約8万人。植林した苗木は3000万本に達し、「植林は
 ケニアの民主化のシンボルになった」という。02年得票率98%の圧倒的
 支持を得て国会議員に当選、03年から現職。04年ノーベル平和賞を受賞
 した。環境分野の、また、アフリカ人女性のノーベル平和賞受賞は史上
 初めて。昨年2月の来日時に毎日新聞社編集局長とのインタビューで
 日本語の「もったいない」に出合い、地球環境を守る世界共通語として
 「もったいない」(MOTTAINAI)を世界各地で訴えている。
——————————————————————
○MOTTAINAI キャンペーン
 URL:http://www.mottainai.info
——————————————————————
 ワンガリ・マータイさんが提唱し、毎日新聞社などが進める環境キャン
 ペーン。「もったいない」という日本に古くからある言葉を見直し、
 世界共通語にすることによって、地球環境に負担をかけないライフ
 スタイルを広め、循環型社会の構築と持続可能な社会の実現を目指す。
 具体的には、リデュース(ごみ減量)、リユース(再使用)、リサイク
 ル(再利用)の3Rを柱に、温室効果ガス排出の抑制や環境破壊の防止を
 呼び掛ける。仏教用語を起源とする「もったいない」という言葉が、
 あらゆるもののつながりを尊重する意味を持つことから、人権や平和の
 尊重も視野に、政府、企業、市民社会など、あらゆるステークホルダー
 と連携して国民的・世界的なキャンペーンとして運動を展開している。
——————————————————————
○ 伊藤忠商事の環境に対する取組み
——————————————————————
 伊藤忠商事は1990年7月に地球環境室を設立しました。1997年
 10月にはISO14001規格の要求に沿った伊藤忠商事「環境方針」
 を策定しました。
 この中で、伊藤忠商事は国際社会の一員として地球環境問題を経営方針
 の最重要事項の一つとして位置づけ、企業理念である「豊かさを担う
 責任」を果たすべく「青い地球と経済成長の両立を図る企業活動」を
 行い、また「伊藤忠商事企業行動基準」に示す「環境問題への積極的
 取組」を推進し、このかけがえのない地球を守り広く社会に貢献する
 ことを表明しており、その実践に努力しております。
——————————————————————
■エキサイト(市場名:JASDAQ、 証券コード:3754)
 URL:http://www.excite.co.jp/
——————————————————————
エキサイト株式会社が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』
は、1997年12月のサービス開始より、検索サービスを軸にクオリティとオ
リジナリティの高いコンテンツ・サービスを多数提供しています。
女性向けサイトNo.1の「Woman.excite」、エンターテインメント分野では
総合音楽サイト「エキサイトミュージック」と音楽ダウンロードサービス
の「エキサイトミュージックストア」、人気オンラインゲームを続々提供
する「Game.excite」、公式モバイルサイトの「熱烈アニソン魂」や
「カフェメロ」、ショッピングなどのECサイト、「ブログ」「翻訳」
「携帯ホームページ」などの高機能ツールもいち早く提供しております。
近年は、ハイクオリティなウェブマガジン「エキサイトイズム」
「ガルボ」などが広く認知されています。さらにブロードバンドサービス
「BB.excite」では、ADSLや光ファイバーを業界最安値の月額525円から提
供。ブロードバンド向けコンテンツも充実させ、ブロードバンドカフェな
どリアルな場での展開も拡大しています。
エキサイトは今後も、インターネット総合メディアとして、
エキサイトらしいサービス・コンテンツの提供に努めてまいります。