『Excite & Skype』で「Skypeクレジット」のオンライン販売を開始

2008年12月2日
報道関係各位
エキサイト株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ~電子マネーで「SkypeTMクレジット」を簡単チャージ!~
   ~『Excite & Skype』専用プリペイド番号を
            「ファミリーマート」でも取扱い開始~
 『Excite & Skype』で「Skypeクレジット」のオンライン販売を開始!
           『Excite & Skype』
         URL: http://skype.excite.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エキサイト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野田俊介、
以下エキサイト)は、スカイプ・テクノロジーズ S.A.(本社:ルクセン
ブルク、CEO:ジョシュ・シルバーマン、以下Skype社)の子会社である
スカイプ・コミュニケーションズ S.a.r.l. (本社:ルクセンブルク、
以下スカイプ・コミュニケーションズ社)と提携し、Skype社公認サイト
『Excite & Skype』において、プリペイド方式の「Skypeクレジット」の
オンライン販売を、2008年12月2日(火)より販売開始いたします。
さらに、コンビニエンスストア「ファミリーマート」に設置されている
マルチメディア端末「Famiポート」にて、
『Excite & Skype』専用プリペイド番号の販売を開始します。
——————————————————————
【『Excite & Skype』における
 「Skypeクレジット」のオンライン販売について】
——————————————————————
「Skypeクレジット」とは、無料コミュニケーション・ソフトウェアである
Skypeの有料機能を利用するためのプリペイド方式の支払い方法です。
Skypeの有料機能を利用することによりユーザーは、Skypeから
一般加入電話や携帯電話等に格安で発信することができる「SkypeOut」や、
電話をSkypeクライアントで受けるための「オンライン番号」、
留守番電話のような「ボイスメール」などを利用することができるように
なります。
これまで、日本における「Skypeクレジット」のオンライン販売は、
Skype社ウェブサイトでのクレジットカードによる販売のみでしたが、
本日、12月2日(火)より、『Excite & Skype』でもオンライン販売し、
クレジットカードに追加して、電子マネーでもご利用いただけるように
なります。
——————————————————————
【『Excite & Skype』における「Skypeクレジット」の支払い方法】
——————————————————————
『Excite & Skype』サイトで「Skypeクレジット」を購入(チャージ*)
するための支払い方法は、各種クレジットカードに加え、電子マネー
(WebMoney、BitCash、NET CASH)での購入が可能となり、
「Skypeクレジット」の購入(チャージ*)経路が拡大します。
すでにオンラインゲームなどで電子マネーを使い慣れているユーザーに
とって、手軽に「Skypeクレジット」をご利用いただく機会を提供します。
※チャージ
 自分のSkype IDに「Skypeクレジット」を購入しチャージしていく形式。
また、同日より全国約7,300店舗あるコンビニエンスストア
「ファミリーマート」に設置されているマルチメディア端末「famiポート」
にて、Excite & Skype専用のプリペイド番号の販売も開始いたします。
このプリペイド番号は『Excite & Skype』でラインナップされている
「Skypeクレジット/ボイスメール」と同じ額面のプリペイド番号となって
おり、残高の過不足なく『Excite & Skype』のサイトで利用できます。
※『Excite & Skype』専用プリペイド番号“Skypeクレジット300円”
 の「Famiポート」での販売は、2009年1月26(月)までの期間限定です。
——————————————————————
【『Excite & Skype』商品ラインナップ】
——————————————————————
■Skypeクレジット
 300円/1,500円/3,500円/7,500円
■ボイスメール
 700円(3ヶ月間)/2,000円(12ヶ月間)
——————————————————————
【格安で発信できる「Skype」による
 一般電話への通話料金の参考例(2008年10月時点)】
——————————————————————
■日本(固定電話)への通話発信 2 .66円/分
■アラスカを除く米国本土(固定・携帯電話)への通話発信 2 .38円/分
※別途一通話あたり4.9円の接続料がかかります。
※最新の料金や各国への通話料はExcite & Skypeのサイト内にある料金表
 でご確認ください。
※Skypeは一般電話の代替ではないため、警察や消防等への緊急電話には
 使用できません。
——————————————————————
《Skypeクレジットをチャージして、WebMoneyをもらおう!》
——————————————————————
キャンペーン期間中に『Excite & Skype』のサイトで、「Skypeクレジット」
をチャージした方の中から抽選で100名様に、
「WebMoney500円分」をプレゼントいたします。
また、WebMoneyでチャージしていただいてる場合にはダブルチャンスで、
再抽選により10名様に「WebMoney500円分」を追加でプレゼントします。
もし、両方当選すれば1,000円分のWebMoneyがもらえるチャンスです。
○応募期間
 2008年12月2日(火)~2009年1月13日(火)まで
○応募条件
 期間内に『Excite & Skype』のサイトにて、
 Skypeクレジットをチャージした方
○当選発表
 2009年1月下旬以降に、ご登録のメールアドレスにてご連絡
——————————————————————
■Skypeについて URL:http://www.skype.co.jp/
——————————————————————
Skype(スカイプ)は、スカイプ・テクノロジーズ社がインターネット上で
提供する、世界で急速に普及している無料コミュニケーション・ソフト
ウェアです。インターネットを使えるところなら世界中どこからでも、
Skypeのソフトウェアのユーザー同士であれば無料で音声やビデオ通話
ならびにインスタントメッセージでのやり取りが可能です。
Skypeの登録ユーザー数は全世界で3億7千万人(2008年9月末時点)を超え、
日々数百万人のユーザーがSkypeを利用しています。
Skype ユーザー間の累積通話時間が1000 億分を超えたほか、多くのユーザー
がSkypeOutや月額プランを利用して固定電話や携帯電話に発信しています。
さらに、Skypeの利用はパソコンに限らず、パートナー企業から提供される
携帯端末などのSkype Certifiedの製品へと広がっています。
Skypeは28ヶ国語に対応しており、世界中のほぼすべての国で利用されて
います。Skypeによるビジネスの収益源は一般電話や携帯電話との通話機能、
ボイスメール機能、転送機能といった有償機能のほか、エキストラ
(サードパーティー製プラグイン)のホスティングおよびロイヤリティなど
です。Skypeは、米国イーベイ社のグループ企業のひとつで、日本をはじめ
世界各国のソフトウェア及びハードウェアメーカーとのビジネスネット
ワークを拡大しています。Skypeの詳細はウェブサイトにてご覧いただけます。
注1.”Skype”はSkype Limited の商標です。
——————————————————————
■エキサイト(市場名:JASDAQ、 証券コード:3754)
 URL:http://www.excite.co.jp/
——————————————————————
エキサイト株式会社(設立:1997年8月、代表取締役社長:野田俊介)
が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』は、
都市型生活者の知的好奇心を刺激するオリジナリティの高いサービスを
多数提供しています。
ハイクオリティーWebマガジン『エキサイトism』と『Garbo』、
女性向けサイトNo.1『Woman.excite』、
オリジナルの面白ニュース『Excite Bit コネタ』、
独自運営の音楽情報サイト『Excite Music』など、
高いコンテンツ編集力を誇るサイトを運営しております。
更に、8カ国語対応の翻訳サービス『エキサイト翻訳』をはじめ、
プロバイダ『BB.excite』、オンラインゲームを運営する『Game.excite』、
結婚情報&コミュニティサイト『エキサイト恋愛結婚』など、
ポータルの中で先駆け的なサービスも数多く展開しております。
近年は、ブログ記事が公式コンテンツとして掲載される
『ブログtoメディア』、ハンドメイドポータル『アトリエ』、
広告アイデアの投稿&通販サイト『オシウリ』など、情報発信力の高い
エキサイトユーザーの特性を生かした参加型サービスを提供しております