『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』を2日間限定で開催!

[Press Release] 2008年7月28日
報道関係各位
エキサイト株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  -世界最大の小売業のエコ・プロジェクト「スコアカード」を
   初めて取材したドキュメンタリーなど、環境をテーマにした上映会-
  『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』を2日間限定で開催!
   ~ Excite 10thANNIVERSARY SPECIAL EVENT ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エキサイト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野田俊介、以下エキサイト)は、
環境にやさしい製品を手掛ける株式会社ITW HI-CONE(イリノイ・ツール・ネットワークス 
ハイコーン)の協力を得て、環境をテーマにしたドキュメンタリー上映会
『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』を、2008年8月6日(水)、8月7日(木)の2日間限定で、
恵比寿ガーデンプレイス・センター広場にて開催いたします。
更に、8月1日(金)より、エキサイト10周年特集サイトにて、
『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』作品にも登場する各社の環境への取り組みや
SUSTAINABILITY事例、環境に与える影響などを分かりやすくご紹介するサイトをオープン致します。
『エキサイト』は、世間の環境に関する「ECO」を、
より多くの方に知っていただく為、今回の企画に参画致しました。
『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』は、ノーベル平和賞を受賞した
「もったいないキャンペーン」で知られる”ワンガリ・マータイ女史″の活動紹介や、
世界最大の小売業「WAL-MART」が画期的な環境への取り組みをスタートさせ
取り入れた仕組み・事例の紹介を始めとした2部構成のドキュメンタリー上映会です。
——————————————————————
■『Excite Presents ECO-FILM FESTIVAL 2008』概要
——————————————————————
◎開催日 :2008年8月6日(水)、8月7日(木)
◎時間  :19:00~、19:50~ ※1日2回上
◎会場  :恵比寿ガーデンプレイス・センター広場
      http://gardenplace.jp/access/access.html?mv=gn
◎入場・鑑賞料:無料 (着席・立ち見あり)
◎アクセス:JR恵比寿駅東口から動く通路「恵比寿スカイウォーク」で約5分
—————————————————————————————-
■『ECO-FILM FESTIVAL 2008』上映作品のご紹介
—————————————————————————————-
1.環境ドキュメンタリー
  「CHOOSING OUR FUTURE:地球の未来を考える」(15分)
68,000社のメーカー企業のグローバル・サプライ・チェーンを持つ世界最大の小売業WAL-MARTが
画期的な環境への取り組みを今年からスタートさせています。
各メーカーがスコアカードで商品SKUの環境への配慮を評価されるという新たな仕組みを取り上げ、
世界企業のSUSTAINABILITYへのベスト・プラクティスの事例をご紹介します。
また、1960年代から環境にやさしい包装容器の開発を率先して行ってきたパイオニア、
ITW-HICONEの挑戦を紹介。世界の飲料マーケットにおいて板紙とシュリンクパックが主流だったときに、
省資源化をうったえ、リサイクル可能な光分解型のプラスチックを開発。
ハイコーン・パッケージが飲料業界に起こしたエコ革命を探ります。
(音楽:小出博志)
2.環境ドキュメンタリー 
  ”A Quiet Revolution”「静かなる革命」(28分)
<制作:地球評議会、UNEP(国連環境局)、UNDP(国連開発局)>
2002年、南ア・ヨハネスブルグで開催された国連・「環境開発サミット」
で初公開、2003年、National Geographic Channelが55カ国、
23言語で放映した作品です。
アカデミー賞女優、メリル・ストリープが作品のコンセプトに共感し
ナレーターとして参加しているほか、
「MOTTAINAI(もったいない)キャンペーン」で知られる、
2005年ノーベル平和賞受賞のワンガリ・マータイ女史のグリーンベルト運動をご紹介します。
イタリア、チェコ、米国など世界の映画祭で数々の賞を受賞。
世界各地の学校などで環境教育の教材として上映されていますが、一般公開をするのは国内初となります。
—————————————————————————————-
■『ECO-FILM FESTIVAL 2008』特設サイトをオープン
—————————————————————————————-
『ECO-FILM FESTIVAL 2008』環境ドキュメンタリー「CHOOSING OUR FUTURE:地球の未来を考える」
にも登場する各社の環境への取り組みやSUSTAINABILITY事例、環境に与える影響などを
分かり
やすくご紹介するサイトを8月1日(金)より、エキサイト10周年特集サイトにて開始致します。
 URL:http://www.excite.co.jp/10th/
—————————————————————————————-
■株式会社ITW URL:http://www.hi-cone.com/
           http://www.itw.com/
—————————————————————————————-
ITW (イリノイ・ツール・ネットワークス)は100年の歴史を持つ、世界52カ国、850社の
子会社を有する総合工業製品のサプライヤーです。FORTUNE誌・トップ200社のなか
に入るグローバル企業です。ITWの包装部門であるITW HI-CONEは1960年代から
環境にやさしいSUSTAINABLE MINIMAL PACKAGING(持続可能な省資源化包装資材)
を目指し、日夜研究を重ねてきました。1988年に太陽光線・紫外線を浴びると自然分解
する光分解性の低密度ポリエチレンのパッケージの開発に成功しました。
ハイコーンの光分解型パッケージはリサイクル可能であると同時に、既存の板紙や
シュリンクパックと比べCO2やゴミの排出量を大幅に減らし、エネルギー消費を45%
カットするところから、現在、北米、南米、欧州、アジア地域において、既存の板紙包装
に取って代わる「環境にやさしい」パッケージとして新たに注目されています。
大手飲料メーカーの持続可能なパートナーとして、環境に配慮した製品を提供しています。
—————————————————————————————-
■環境ドキュメンタリー「CHOOSING OUR FUTURE:地球の未来を考える」
 音楽・小出博志
—————————————————————————————-
小出博志(Hiroshi Koide)
1951年(昭和26年)2月13日東京都生まれ。中学2年の時よりビートルズに凝り
クラスメートとバンド結成。高校では合唱団に3年間在籍し全国3位東京2位となる。
そのかたわらフォークグループに在籍、大学1年時「インディアンアップル」
として本格的な活動を開始する。解散後、高橋幸宏氏らとの交流を通じ、
東郷昌和と知り合い、コマーシャルソングを歌うようになる。
現在、BUZZ(バズ)としての活動のほか、映像音楽などの作曲およびCMの
作詞作曲や各種レコーディングへの参加、西島三恵子などのサポート
ミュージシャンとして活躍中。
BUZZ(バズ)
1972年、小出博志と東郷昌和で結成。作詞作曲家・高橋信之氏のプロデュース
のもと、同年11月、キングレコードより日産スカイラインのCMソング
「ケンとメリー ~愛と風のように~」でデビュー。その爽 やかなハーモニー
でポップスファンを魅了する。その後、1980年代中盤までにシングル14枚、
アルバム8枚(ライブ盤・ベスト盤など含む)をリリースする。
—————————————————————————————-
■エキサイト(市場名:JASDAQ、 証券コード:3754)
 URL:http://www.excite.co.jp/
—————————————————————————————-
エキサイト株式会社が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』
は、1997年12月のサービス開始より、検索サービスを軸にクオリティと
オリジナリティの高いコンテンツ・サービスを多数提供しています。
女性向けサイトNo.1の「Woman.excite」、エンターテインメント分野では
総合音楽サイト「エキサイトミュージック」、人気オンラインゲームを
続々提供する「Game.excite」、公式モバイルサイト、ショッピングなど
のECサイト、「ブログ」「翻訳」などの高機能ツールもいち早く提供して
おります。
近年は、ハイクオリティなウェブマガジン「エキサイトイズム」
「ガルボ」などが広く認知されています。さらにブロードバンドサービス
「BB.excite」では、ADSLや光ファイバーを業界最安値の月額525円から
提供。ブロードバンド向けコンテンツも充実させ、ブロードバンドカフェ
などリアルな場での展開も拡大しています。
エキサイトは今後も、インターネット総合メディアとして、
エキサイトらしいサービス・コンテンツの提供に努めてまいります。