【エキサイト婚活調査】 8月9日は「ハグの日」 「逃げ恥」ブームで再注目・照れ屋な日本人も本当はハグが好き!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
エキサイト婚活調査  8月9日は「ハグの日」
「逃げ恥」ブームで再注目・照れ屋な日本人も本当はハグが好き!?
憧れの「ハグ」シチュエーションは、ドラマティックさより日常のさりげなさを求める!

「ハグしたい女性芸能人」 1位 新垣結衣 「ハグされたい男性芸能人」1位 高橋一生
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
エキサイト株式会社は、自社が運営する婚活サービス「エキサイト婚活」内にて、20代から50代の男女を対象に、8月9日の「ハグの日」にちなんで、恋愛における「ハグ」事情を徹底調査いたしました。
 
海外では日常的にあいさつ代わりに行われている「ハグ」。
しかし照れ屋で奥ゆかしいとされる日本人にとっては、日常的に「ハグ」の習慣はありません。
昨年の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも話題となった「ハグの日」。
毎週は無理…でも、好きな人とならやっぱり「ハグ」したいものなのでしょうか!?
 
■調査結果サマリー
 
・ 好きなスキンシップ1位は男女共に「手をつなぐ」。王道「手つなぎ・ハグ・キス」が人気TOP3を独
・ ギュッと派・ソフト派?好みの「ハグ」は意見が拮抗!「優しく包みこむようなハグ」を男女共6割が支持
・ 憧れの「ハグ」シチュエーションは、ドラマティックさより日常のさりげなさを求める!? 
  男性1位「帰り際に別れを惜しんでハグ」、女性1位「嫌なことがあった時のなぐさめハグ」
・ 「ハグしたい」女性芸能人ランキング   1位:新垣結衣、2位:深田恭子
・ 「ハグしされたい」男性芸能人ランキング 1位:高橋一生 2位:松坂桃李
 
■ 調査結果詳細
 
■好きなスキンシップは王道「手つなぎ・ハグ・キス」が人気TOP3を独占
 

 
【図1】異性との好きなスキンシップは?
 
まずは「異性との好きなスキンシップは?」という質問に対して、男女共に「手をつなぐ」が男性36%、女性43%で1位に。
「あんまりベタベタしたのはちょっと…(女性)」、「気軽にできるから(男性)」と、大人でも躊躇なくお手軽なスキンシップとして楽しめるのが「手をつなぐ」の人気の理由なようです。
 
それでは注目の「ハグ」はというと、男性は22%で3位、女性は24%の支持を得て2位に、男女総合でも2位という結果となりました。
 
「ハグ」を選択した男女の意見は「寄り添う感じがイイ! (男性)」、「(後ろからハグが好きで)背中に誰かいると安心する(女性)」、など密着度の高い「ハグ」だからこそ、相手からの愛をより感じるという意見が目立ちました。中には、「人前では出来ないですが…(男性)」というコメントも。やはり照れ屋な日本人にとっては人前での「ハグ」はハードルが高いようです。
 
■ギュッと派・ソフト派?好みの「ハグ」は意見が拮抗!
 

 
【図2】どちらのハグが好きですか?(ギュッと派?ソフト派?)
 
男女共に「ハグ」の人気の高さがわかったところで、次に「ハグ」の種類「どちらのハグが好きですか?(ギュッと派?ソフト派?)」と質問。男女ほぼ同数値で、「優しく包みこむようなハグ」がより高い人気となり、6割を占めましたが、「力強くギュッとハグ」も男女共に約4割の支持を集め、双方が拮抗する結果に。
 
「優しく包みこむようなハグ」を選択した男女の意見は、「優しくフワッとがいい(男性)」、「心が和むから(女性)」、「安心する(女性)」など、体感的な心地よさはもちろん、さらに精神的な心地良さにも繋がることをメリットと感じている人が多いようです。
 
一方「力強くギュッとハグ」への意見は「好き度が分かる(男性)」、 「「大好き」が 伝われ!という感じ(男性)」など、とにかく相手に思いを伝えたい!という男性達の熱い意見が目立ちました。
しかし意外だったのが、ギュッと派・ソフト派双方の意見の中でどちらにも「愛を感じる・愛情を感じる」という意見が多数あり、愛情の感じ方は人それぞれなのだと改めて感じさせる結果となりました。
 
■憧れの「ハグ」シチュエーションは、ドラマティックさより日常のさりげなさを求める!?
 

 
【図3】してみたいハグのシュチュエーションは?
 
好みの「ハグ」に続いて「してみたいハグのシュチュエーションは?」と質問したところ、男性は「帰り際に別れを惜しんでハグ」が32%で1位に。女性は「嫌なことがあった時のなぐさめハグ」が35%で1位。さらに男性の2位、女性の3位となった「お家デートで甘えて後ろからハグ」と合わせて、日常的シュチュエーション「ハグ」の三つ巴の争いとなりました。
 
「帰り際に別れを惜しんでハグ」支持の意見は、「離れたくない感じ(男性)」、「帰りたくないからせめて余韻に浸りたい(女性)」など、もっと一緒にいたい・名残惜しいという「愛情」の気持ちの表れのようです。
 
「嫌なことがあった時のなぐさめハグ」については、「彼女が泣いてたら黙って抱きしめてあげたい(男性)」、「なぐさめには言葉不要♡(女性)」などの優しさを感じる意見が。言葉はなくてもお互いの心が通じ合う、「ハグ」こそが、究極の男女のコミュニケーションツールなのかもしれません。
 
対照的にドラマティックでトキメキを感じさせる「エレベーターの中で突然引き寄せハグ」は、「二人だけの秘密な空間なのがいい(男性)」、「ドラマみたいでドキドキ(女性)」、「待ちきれなくて~というのがいい(女性)」などの意見が。男性14%女性13%と男女共に一定数の支持を集めたものの少数派となりました。
 
やはり婚活中の男女にとっては、ドラマティックな展開より、日常的で想像しやすい身近なシチュエーションで、「愛情」や「優しさ」を感じる方が男女のコミュニケーションとしては人気のようです。
 
■「ハグしたい」女性芸能人1位は新垣結衣、「ハグされたい」男性芸能人1位は高橋一生
 

 
【図4】「ハグしたい・されたい」芸能人は?
 
男性に聞いた「ハグしたい女性芸能人」で1位に輝いたのは、やはり「逃げ恥」ブームの立役者でガッキーの愛称で老若男女から愛される、新垣結衣。「逃げ恥でキュンキュンしました(男性)」、「かわいい(男性)」、「好きだから(男性)」などストレートな男性の意見がズラリ。ドラマさながらのガッキーの自然体で飾らないキュートさが、男性が思わず「ハグ」したくなるポイントかもしれません。
 
一方女性に聞いた「ハグされたい男性芸能人」の1位は、2017年ブレイク俳優候補No.1の高橋一生。今年話題となった雑誌「anan」で見せたスマートながら程よく筋肉質な身体に、漂う大人の色気が女性達を虜にしています。さらに「あんな声で囁かれたい(女性)」と選択者の意見のとおり、「ハグ」されたら、あの独特な低音ボイスで甘い言葉を囁かれたいと思っている女性も多いようです。
 
調査を通して「ハグ」に対する関心度は高く、ハグへの憧れや傾向も見えてきました。
「ハグ」は恋を発展させるだけではなくて、触れ合い・寄り添うことで心も元気になる、恋のビタミンなのかもしれません。ただやはり全体的に「なかなか人前では…」という、日本人本来の照れ屋な意見も目立つ結果に。ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」のガッキーと星野源のように毎週は無理でも、せっかくの機会なので、8月9日は大好きな人と「ハグ」をしてみませんか?
 
今すぐ側に「ハグ」できる人、「ハグ」したいと思える人がいない…という人には、日本各地や海外在住の方からもお相手が探せる、インターネットマッチングサイト「エキサイト婚活」がオススメです。
性格だけではなく、身体的な特徴などプロフィールも豊富なので、総合的に自分に「フィット」するお相手を見つけましょう。
 
[調査概要]
表題: 「男女のハグ事情」に関する実態調査
調査主体: エキサイト株式会社(エキサイト婚活)
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2017年7月5日(水)~7月31日(月)
調査対象: 「エキサイト婚活」利用者
有効回答数: 20代~50代の男女 622件
 
■エキサイト婚活とは https://wedding.excite.co.jp/
「エキサイト婚活」は、2003年にサービスを開始し、これまで累計会員25万8千人(8/2現在)、を記録しています。
ネット婚活業界で真っ先に本人確認書類の提出必須を導入し、「会員数」「サービス」「機能」「信頼性」ともに高い評価をいただいております。これまでにNHK、TBS、フジテレビ、日本経済新聞、AERA、R25.jp、女性誌など多数のメディアで「理想の相手を選びやすい、安心な婚活サイト」として紹介され、婚活ブームを背景に、多くのユーザーにご利用いただいています。
エキサイト恋愛結婚を通じて多くの方が素敵なパートナーとめぐり会えるように、今後もより一層のサービス向上に努めてまいります。